名作と共に去りぬ

昔の作品もいいけれど、やっぱり最新の話題作だっていい。みんな違ってみんないい。そんな感性を磨きながら作品に接していきたいです。